建物概要

地上25階建て、高さ115mの複合型高層タワー。

名称
シンフォニー豊田ビル
所在地
名古屋市中村区名駅四丁目11番27号
敷地面積
約4,234㎡
竣工
2016年6月30日
事業者
東和不動産株式会社
主要用途
事務所・店舗・ホテル・シネマコンプレックス
構造
鉄骨造一部鉄筋コンクリート造
規模
地上25階、地下2階、高さ約115m
延床面積
約47,596㎡

立面図

グリーンモール&サンクンガーデン

道路付替えにより、敷地を集約化。付替え道路周辺に緑豊かなグリーンモールとサンクンガーデンを実現。

グリーンモールとサンクンガーデン ビフォーアフター
当社ビル群と連結された地下環状ネットワーク

当社ビル群と連結された地下環状ネットワーク
天候などに左右されず、複数のビルを通って、街を回遊できます。ミッドランドスクエアなど、名古屋の人気スポットに直結しています。

環境性能

低炭素社会の実現をめざし、環境配慮に貢献。

最新の環境配慮設備を導入し環境性能Sランクを達成。
天候などに左右されず、複数のビルを通って、街を回遊できます。ミッドランドスクエアなど、名古屋の人気スポットに直結しています。

オフィス室内

  • Low-E複層ガラスの採用
  • CO2センサーによる外気導入量制御
  • ペリメーター温熱環境の改善
  • 潜熱顕熱分離空調
  • 高効率LED照明の採用
  • 昼光センサーによる照度制御
  • 自然換気口の採用

共用部

  • 共用トイレ等人感センサー制御
  • 井水による、飲料水・雑用水利用
  • 地域冷暖房の導入
  • 冷温水ポンプの変流量方式
  • 高効率トランス
  • 節水型衛生器具の採用
  • COセンサーによる駐車場換気制御
  • 冷温水大温度差送水による搬送動力の低減
  • コージェネレーションによる電力ピークカット

防災性能

万一の際に高い安全性を確保できるよう、高度な耐震設計とBCP対応。

東海・東南海・南海地震の3連動地震も想定した高度な制振構造。
強風による小さな揺れから大地震による揺れまで制御するブロードバンドダンパー(粘弾性体付波形鋼板耐震壁)を取り入れた制振構造で地震から建物を守り、レジリエントなオフィス環境を実現。

構造モデル

耐震性

  • 制振構造の採用(耐震グレード Sグレード)

電気停止時

  • 中圧A認定ラインによるガス供給により、非常用発電機・コージェネレーションの長時間運転
  • 通信機器(MDF、アンテナ等)は非常用電源対応
  • 給排水ポンプは非常用電源対応

市水本管破断時

  • 井水浄化により飲用水を供給

下水本管破断時

  • 汚水槽容量(30t)確保(B1階トイレ排水)

冠水時

  • 防潮板の設置
  • 主要電気室を3階以上に設置

構造モデル